ブランド紹介-その1

みなさん、コンニチハ。
最初に謝らないといけません。
前回、「フーホームズをブーホームズって間違える人が多いみたい」なんて書きましたが、間違っていたのは、私の方でした。
ゴメンナサイ!

オンラインショップはフーホームズです。
これは、間違いないです。
で、ブーホームズは、ブーフーウーの扱っているブランドの一つでした。
ごめんなさい。
カンチガイしていました。

さて、気を取り直して。
折角、ブーホームズが出てきたので、ブーフーウーの取り扱いブランドについて書きたいと思います。

まず、ブーホームズ(BOO HOMES)。
アメリカンカジュアルを基本としています。
子供の為の機能的なアクティブデイリーウエアを扱っています。

次は、BACK ALLEY。
ブーフーウーの中で一番個性的な子供向けのブランドです。
ゲイストリートファッションをベースに、各国のカルチャーやモードを取り入れたスタイルで、ロックでヒッピーでラブ&ピースなメッセージを伝えています。
って、書いていて良くわからん。

ナチュラル ブー(Natural Boo)は、海外からみた日本をコンセプトに、古き良き日本の伝統技術をいかしたデザインです。
小さい頃から伝統に触れることによって、感性を刺激できるブランドです。

今回の最後は、バラテグ(BARATAYEGU)です。
バラテグとは、ネパールの少女から女になる為の儀式のことで、大人になるにつれて感じる新しい世界とメッセージをファッションを通じて発信しています。
ティーズを対象としたブランドです。
エレガントの中に不良っぽさを融合させています。

だいたい、子供服関係はこの4つです。
次回は、残りのブランドを紹介しますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。